15 2月 2017

沖縄料理店をプロデュース

気がつけば2017年ももう2月に突入。久しぶりにブログを更新してみようと思ったらなんと2年の月日が・・・・。
というわけで、久しぶりに投稿します。

2016年の7月から大阪の松屋町というところに沖縄料理店を出店したいというお客様からプロデュースの依頼があり、およそ半年をかけてオープンいたしました。
空掘商店街の少し北側になるのですが、閑静な住宅街で戦火を免れた昔ながらの街並みが残るとても良い場所です。

物件の物色から始まったこのプロジェクトですが、偶然にも築年数にして110年を超える物件にめぐり合うことになりました。
お客様と内覧に行くとどうやらた気に入った様子でトントン拍子に話が進み契約。そこからが地獄の夏の始まりでした。

お客様のご意向で工務店はお知り合いの工務店に依頼することに。その工務店が決まるまでの間、お客様を含めた私たち精鋭部隊(?)が内装の初期段階を行うことに。元々は大家さんのお自宅でその後はしばらくお仕事の場所に、そして私たちが見つけた時はかなりの年数空き家になっていた場所。しかも築100年。積もりに積もった埃やチリが山積。天井の板をはぎ、二階の床をあげ、土壁を取り払い、修復して漆喰。このような作業を真夏の締め切った室内で行うこと約2ヶ月。私の体重もみるみるうちに減少(笑)。精鋭部隊内では妙な連帯感と疲労感が交錯し、違う世界に飛び込みそうになること幾度。工務店に引き継ぎしたのちも経費削減のため、休みを返上してのお手伝い。お店が出来上がった頃にも我が子も同然の感情に(笑)。

こうして作業を繰り返し昨年10月に晴れてのオープンを迎えました。

お店の名前は「遊びなぁ たみんち」。遊びなぁとは遊び庭とかく沖縄の方言。仲間が集まってワイワイ楽しくお酒を飲んだり、お食事したり、三線を引いたり歌ったり。そんな場所を総称して遊び庭(あしびなー)って言います。そこにオーナーの名前をとってこの屋号に決定。ランチ営業やカフェタイム、そして夜は居酒屋になる素敵なお店。沖縄料理がメインですが、大阪の人たちにも食べやすい味付けに。空掘界隈では珍しい沖縄料理のお店になりました。

ノスタルジックな店内で沖縄の音楽を聴きながら泡盛を飲む。そして仲間とワイワイ楽しい時間を過ごす。そんな使い方や、一人で来ておばぁちゃんの家にいるような感じで食事をする。そんなお店です。ホームページは、

http://taminchi.com/

こちらになります。お近くの方もご遠方の方も是非一度足を運んでみてください。

Leave a Comment